<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宮崎駿の世界〜千と千尋の神隠し

千と千尋の舞台に関しては パース近郊でも諸説が何個か存在しているようですが
その1つが パースの南に位置する無人島までの浅瀬渡りです。
実際に僕が訪れてみて 納得できたポイントを 酷似する映画の場面とともに
紹介してみます
f0003633_222917.jpg

[PR]
by i-Perth | 2009-01-29 16:32 | ■旅とかラウンドとか

パース留学生な1日 (週末編)

日本でも叫ばれている 「元気があれば なんでもできる」 を心がけ
週末はフィットにはげんでいます。
f0003633_2371314.jpg

○テニス:ノースブリッジ
○サーフィン:スカボロビーチ/トリッグビーチ他
○カヤック:スワンリバー

テニスはここパースでサークルを運営させてもらってます。
僕が3代目の部長? をやってます。

f0003633_10482859.jpg


パースで元気を持て余している方、参加ください。




サーフィンは 個人で行ったり 週末のサークルに参加したりしています。
いちどいっても3回立てるかどうかのレベルですが それ以前に海に入れることが好きです。

インド洋に沈む夕陽は 未だに感動します。
サーフィンサークルもイントラの都合次第ですが 参加してます。
ロングボードもレンタルできるので初心者にもオススメです。

しかし2009年はサメの当たり年で いつもヘリコプターがサメを追跡しているビーチでのサーフィンとなってます。

f0003633_2353459.jpg

f0003633_2383574.jpg
f0003633_2392060.jpg

[PR]
by i-Perth | 2009-01-28 23:10 | ■パースとか僕のこととか

パース留学生な1日 (平日編)

「英語プラス 何か技術を身につけるために海外に行くんだ!!」 と
留学エージェントが用意した決めゼリフを盾に
親の反対を押し切って 海外留学を決意した 僕の留学生活  in 2009

僕が選んだ よりすぐりのコースは
「サーフィン プラス 移民/永住英語試験対策コース」

○ 午前中はスキルアップのためインド洋で(英語で)サーフィンをし
○ 午後には移民用の英検対策をするという プログラムです。

:コースの説明としては 移民を前提としたプログラムなので 広くオーストラリアの文化にとけ込むことを意識した一見、遊んでるようにも見えるけど オーストラリア精神や英語をカラダで学ぶ実践的な教育カリキュラムだそうです。



Lesson 1
オーストラリアのインド洋の特殊な地形を学びます。
日々変わる波のコンディションを ローカルサーファーである講師から学びます。
5から6のビーチを 毎回移動し 経験によって 気候と波と地形の関係を学べます。



Lesson 2
スキルアップです。技術を学ぶと同時にカラダを鍛える効果も期待できます。
5感を刺激することにより より若くいられることも大事な要素だといいます。
確かに不健康では 将来の活躍は期待できませんよね



Lesson 3
午後の授業に備えて BBQという大切なオーストラリア文化を学びながら空腹を満たします。
ビールの本数も厳しく制限されると同時に サーフィンの復習を兼ねたスピーキングが徹底して行われます。 会話のない通常の英語授業に比べ 僕が最も気に入っているカリキュラムです。


午後のLesson
講師が 移民永住試験の試験管に変貌します。

クラスに戻り ひたすら移民英検の対策を3時間行います。
このプログラムには ある一定の英語のレベルがないと参加できないおかげで 他のクラスでは大多数を占める日本人や韓国人留学生はいません。
:対象は 現地大学入学や永住権取得のためIELTS7.0を目指すAdvanceレベル


------------------
英語学校授業後のバイト
f0003633_2211575.jpg


プロのドライバーとして 超大手グローバル企業でPizzaを配達しています...

みんながいやがる3k仕事ですが エアコンと音楽のある車内で チキンを食べながらスワンリバー沿いをドライブできるので いまのところ続いてます。
また、100%英語環境で働けることも大切なポイントです。

f0003633_22142567.jpg


2009年現在、
学生ビザ保持者は週20時間、ワーホリビザ保持者は1雇用主のもと6ヶ月間働くことが出来ます
[PR]
by i-Perth | 2009-01-27 22:15 | ■英語とか留学とか

▼パース略歴▼

f0003633_1141829.jpg

5年間の社会人生活後 学生ビザで渡豪
:一部上場企業の広告業界でデザイナーとして東京で勤務

WA School of ArtでArt Eventオーガナイズ専攻
:16人の日本人ArtistによるArtEventをTAFE Art Centreでオーガナイズ

Central TAFE非常勤講師
:プロとして働いていた実績が認められTAFEのカリキュラムをUpgradeさせる側へ
:TAFEよりパースロイヤルショウ日本館Projectへ派遣される
※全アートワークの3年間の守秘義務尊守中

企業向けプロモーション開始
:マルティメディアデザイン、Wedding映像 等従事

オーストラリア1周Project『ラウンドザムライ』企画
:以降パース発 旅イベントとして口コミでレギュラー化

セカンドビザ取得の為ファーム生活開始
:まる1年以上 西オーストラリア州全土のファームに滞在
:情報と行動力を武器にイチ財を成す

ビジネスビザ取得挑戦
:ここでは言えない. 時間もビザも全て失う。 ひどい目に遭う

単独、永住権取得を目指し専門学校へ
:Cambridge,IELTS対策のため4年間で合計7つの学校に通うことに

現在、学生。
:移民プログラムのレールに乗り ゆったり暮らすシティBoyとなる
:サーフィンとかテニスとか 旅イベントとか マイペースでしてます


------------上記の経験で僕が(無駄に)得た
いいこと、わるいこと 得なこと、損すること 等
ブログやmixiやYouTubeで公開していけたらいいな と考えています



--------------------------------------------------------------


f0003633_22385363.jpg

もっと僕の事を知りたいというみなさまの声にお答えして
▼僕 略歴 ▼


名古屋で生まれる(みゃー)

お母さんと『東京ラブストーリー』をみて東京に憧れる

小牧に引越(なぜか田舎へ)
その後、なんとか東京へ

ひとりで『若者のすべて』をみて夜働くことに憧れる

バーで働いてみる
しかしいつまでたってもカクテルを作らせてくれない

TDLとハーゲンダッツで働いてみる
(今思うと)モテ期なるものを経験、モテる

ダビングビデオで『協奏曲』をみて建築家に憧れる

建築を勉強する
ぶらり日本中の名建築を訪ねる旅にでる


TUTAYAで借りた『ラブジェネ』をみて商業デザインに興味を持つ

(当時流行の)空間デザイン会社に就職
上場企業の威力を知る

彼女と『眠れる森』をリアルタイムでみて照明演出に憧れる

商業イベント空間演出部門へ
3年連続で経済産業省主催のデザインアワードにノミネートされる



DVDで『プライド』をみて海外で活躍する日本人に憧れる

意味も無く海外に出てみる
そして英語のできない僕は現実世界を知ることとなる

canは カンと言わないことを知る
looksのsと booksのs の違いに悩む

VCDで『Hero』をみて自分を信じてみることにする
※例え日本では「底辺」とか「3K」と言われる仕事にも生きてくために従事
一方で、ローマ字英語で自己中な英語を話し続け生活する

(タイで購入した)VCDで『エンジン』をみて 特殊な技術に憧れる

英語+スキルアップという名の下に
語学+スキューバライセンス取得 とか 語学+バリスタライセンス取得とかいう
わけのわからない時間やお金を使ってしまう

海賊版DVD『グッドラック』を観て他者を受け入れることの大切さを痛感する
※世界には様々な価値観・文化を持つ人々がいることを理解始める
※制服っていいなぁ と思う


ふと『ロンバケ』をみてシェアハウスに憧れる

シェアハウスで暮らしてみる
お嫁さんが転がり込んで来ないか待ってみる

外付けHD内の『ビューティフルライフ』をみて...

...どうしよう美容師になろっかな...と思ったけど
WA州では資格取得は難しいのでやめとく


中国語(台湾?)で『空から降る一億の星』をみて
シェフの格好にダンディズムを感じる

(こんな生き方で)独身長くなりそうだし 自分でご飯つくるしかないかぁ

※英語も話せるし、手に職付けようとしてるし、真面目に生きてます。しかもバツゼロ。
身長も平均以上あるし 時給も$20だし クルマも持ってるし
なんでドラマみたいに恋人が現れないんだー


▼ 趣味 ▼
ドラマ鑑賞

▼ 座右の銘 ▼
「TVやマスコミに影響されてはダメだよ」
[PR]
by i-Perth | 2009-01-27 11:37 | ■パースとか僕のこととか