<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宮崎駿の世界〜天空の城ラピュタ 続編

パースを含めオーストラリアの各地には
ワーホリ制度が始まって以来、さまざまな伝説やウワサが語り継がれてるみたいです。

その1つ、
The Perth Hillsを紹介します。

The Perth Hills YHAに滞在したとき、宿泊していた日本人WHの方から聞いた情報を元にいってみました。
山奥に突然と当時世界最大のレンガ造りの蒸気機関が姿を現します。その蒸気機関はかつてゴールドラッシュ時代に栄えた1000キロ先の金鉱まで 水を供給する為だけに設置された巨大な建造物です。

今は当時の遊郭の廃墟のみを残すゴーストタウンとなっています。


実際に僕が訪れてみて 納得できたポイントを 酷似する映画の場面とともに
紹介してみます
f0003633_21532139.jpg


続編。
パズーの親方が操作している蒸気機関のモデルとなったといわれている遺構を撮影したものです。


[PR]
by i-Perth | 2009-02-25 21:58 | ■旅とかラウンドとか

世界で最も孤立した街に住みたい

■広大な大陸 オーストラリア
西オーストラリア州都パースから北に位置するジンベイザメで有名な世界遺産候補、エクスマウスまでは、バスで24時間以上かかります。
荒野の墓標と呼ばれ、原住民であるアボリジニ民族でさえ近寄らなかった あのナウシカの舞台にもなったと言われるピナクルズまで、車で3.5時間ほど。
オーストラリア大陸の1/3を占めるスケールは 世界で一番広大な州でもあります。
f0003633_2153679.gif



f0003633_1741446.jpg
世界で最も孤立した街、
そして世界で最も暮らしやすい街として知られている、自然と文明とが上手く融合した理想郷 パース。

人口約150万人のパースは、1827年にイギリス人による開拓が始まって以来、天然資源の発掘により大きく発展してきた オーストラリア最大の州の州都なんだ

パース中心部は、近代的なビル群がそびえ立ち、パースの人々のライフスタイルを象徴するかのようにゆっくりと流れるスワンリバーを望む。オーストラリアで最も晴天が多い街といわれ、地中海性の温暖な気候により1年を通しても 日本人の僕にも合う。

抜けるような真っ青な空に映える美しい街並、蒼く輝くインド洋に真っ白な砂浜、そして地平線から昇りインド洋の水平線に沈む太陽。
僕が漠然と求めていた理想的な孤立した街です 
f0003633_1743162.jpg


ゼロから自分をみつめ直して、世界の視点から日本のことをみつめ直すには
ぴったりの場所です。

いよいよお金が無くなり、楽園から重力に引っ張られ 僕の現実世界である日本社会に墜落するまで あと数年あるな...楽しもっとっ
[PR]
by i-Perth | 2009-02-07 00:18 | ■パースとか僕のこととか

宮崎駿の世界〜風の谷のナウシカ

パースを含めオーストラリアの各地には
ワーホリ制度が始まって以来、さまざまな伝説やウワサが語り継がれてるみたいです。

その1つ、
パースから北へ250km離れたところにある位置するナンバン国立公園 (Numbang National Park)。
その中に広がっている奇岩。それがピナクルズ (The Pinnacles) です。
ピナクルズは荒野の墓標と呼ばれ、それぞれの岩が様々なものに見えることから、原住民のアボリジニはたたりを恐れて、昔立ち寄ることもしませんでした。
ピナクルズという名前も移民によって名付けられました。

また、その特徴ある光景は 宮崎駿の作品『風の谷のナウシカ』で ナウシカがユパ様と再会するシーンをイメージさせると口コミで広がっています。f0003633_2143667.jpg

f0003633_16365819.jpg


実際に僕が訪れてみて 納得できたポイントを 酷似する映画の場面とともに
紹介してみます


[PR]
by i-Perth | 2009-02-01 19:12 | ■旅とかラウンドとか